左利きは、右利きより9年短命になる、松本人志「やさしくしてね」(*'-'*)

PR



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ブログ王ランキングに参加中!
芸能人ランキングへ人気ブログランキングへ
色々ありますね。

左利きは、右利きより9年短命になる、松本人志「やさしくしてね」(*’-‘*)

(everydayplus/iStock/Thinkstock)

2日、ダウンタウンの松本人志が「左利き」についてツイートし、話題になっている。

左利きは、右利きより9年短命になるというのだ。ちなみに、1991年にそういった論文が発表されているが、現在では「証拠が全くない」と否定されている。

もしも事実だった場合、左利きの人間にとしては「やさしくしてね」とつぶやきたくなってしまうだろう。

■左利きを子供の頃矯正されたことがある?

日本では、左利きの子供が右に矯正されることが多いらしい。基本的に、右利き用に物が作られており、不便な思いをしがちだからだ。

そのような経験を持つ人はどれくらいいるのか。しらべぇ編集部では全国の20代〜60代の元々左利きの人166名に、子供の頃矯正された経験の有無を調査。

(©ニュースサイトしらべぇ)

結果、「矯正されたことがある」と答えた人は63.3%。やはり子の将来を考え、直そうとした親は多いようだ。

■左利きが不便を感じる瞬間5選

左利きが不便を感じる瞬間はどのようなときなのか。話を聞いてみた。

(1)自動改札を通るとき

「自動改札は右側に切符挿入口やICタッチ部がついている。右で持てばいいんだけど、自然と左で用意しちゃう。やっぱりちょっと、不便」(30代・男性)

(2)はさみを使うとき

「はさみって基本右利き用として設計されていて、かなり使いづらい。結局右で切っちゃいますよね。最近は、左用を持ち歩くようにしています」(20代・女性)

(3)急須でお茶を淹れるとき

「急須を左手で入れようとすると、非常に不便なんです。口で説明するのは難しいのですが、結局右手を使っている。自分としては左利きにプライドを持っているので、右利きに転向することは考えていません」(50代・男性)

(4)ゴルフがやりづらい

「ゴルフは基本右打ちで、レフティーは極めて少ない。左利きの人でも、ゴルフは右で打つって人がほとんど。だからクラブも種類が少ないし、練習場では左打席がないところも」(30代・女性)

(5)野球のポジションが少ない

「野球は左利き内野手の場合、一塁と外野しか守るポジションがない。だから、自然と左投げは出場機会が少なくなるんです。

野球選手のなかには、左投げを矯正された人多いみたいですよ。投手の場合だと、逆のパターンもあるそうですが…」(30代・男性)

左利きが不便な場面があることは、事実のよう。親が子に右利きを矯正するのも、仕方ないのかも…。

・合わせて読みたい→北川景子や松本人志など…「左利き」に魅力を感じる人は浮気症でミーハー説

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日
対象:全国20代~60代の元々左利きだった人166名(有効回答数)

(出典 news.nicovideo.jp)

続きを読む

Source: 芸能リアルタイムのblog

PR