2018年2月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2018年2月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
2018年2月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
京都記念を制したのがクリンチャー、共同通信杯を制したのがオウケンムーンだった今週の競馬界。
など1週間の競馬ニュースまるわかり。
馬キュレ

クリンチャーが勝利!【京都記念】

https://platform.twitter.com/widgets.js

inyofu 2月11日、京都競馬場で開催された第11R・京都記念(GII、芝2200m)は、先団追走より直線馬場の中ほどから脚を伸ばした4番人気クリンチャー(牡4、栗東・宮本)が、横いっぱいに広がった4頭による追い比べのなかから僅かに抜け出て1着ゴールイン。キャリア8戦目にして待望の重賞初制覇を成し遂げた。勝ちタイムは2分16秒3(重)で、鞍上は藤岡佑騎手。1馬身差の2着は道中勝ち馬直後で脚を溜め、直線大外から差し込んだ3番人気アルアインが入った。なお、圧倒的人気に推された1番人気レイデオロはスタートでの後手が響いたか、直線思ったほど弾けず2着にクビ差の3着までとなっている。

▽配当
単勝4 1050円
馬連4-10 2830円
馬単4-10 6760円
3連複4-6-10 1260円
3連単4-10-6 1万6450円
(4.クリンチャー、10.アルアイン、6.レイデオロ)

動画を見る
4番人気だったクリンチャーがついに待望の重賞制覇を果たした。2着は3番人気アルアイン、3着に1番人気レイデオロであった。

オウケンムーン勝利!【共同通信杯】

https://platform.twitter.com/widgets.js

inyofu 2月11日、東京競馬場で開催された第11R・共同通信杯(GIII、芝1800m)は、好位追走の6番人気オウケンムーン(牡3、美浦・国枝)が直線馬場の中ほどより鋭伸し、残り200m過ぎで単独先頭へ。そのまま後続の追撃を封じ1着でフィニッシュした。勝ちタイムは1分47秒4(良)で、鞍上は北村宏騎手。3/4馬身差の2着は中団から脚を伸ばした3番人気サトノソルタス、2着に1馬身1/4差の3着は前々の積極策で運んだ10番人気エイムアンドエンドが粘り切った。なお、ともに後方で運んだ1番人気グレイルと2番人気ステイフーリッシュは、直線差を詰められずそれぞれ7着、10着に敗れている。

▽配当
単勝6 1360円
馬連1-6 5080円
馬単6-1 1万3620円
3連複1-4-6 7万7670円
3連単6-1-4 56万6290円
(6.オウケンムーン、1.サトノソルタス、4.エイムアンドエンド)

動画を見る
共同通信杯を制したのは6番人気オウケンムーンであった。2着は3番人気サトノソルタス、3着に10番人気エイムアンドエンド。圧倒的1番人気だったグレイル、2番人気ステイフーリッシュは下位に沈んでしまった。

テトラドラクマ逃げ切り勝利【クイーンC】

https://platform.twitter.com/widgets.js

inyofu 2月12日、東京競馬場で開催された第11R・クイーンC(GIII、芝1600m)は、ハナを奪い主導権を握った3番人気テトラドラクマ(牝3、美浦・小西)が、直線でも脚色鈍らずそのまま逃げ切り勝ち。2度目の重賞挑戦で初タイトルを掴み取った。走破タイムは1分33秒7(良)で、鞍上は本日が誕生日となる田辺騎手。

3/4馬身差の2着は中団から脚を伸ばした5番人気フィニフティ、2着に1馬身3/4差の3着は前々で運んだ7番人気アルーシャが粘り込んでいる。なお、1番人気に推されたマウレアは好位から差し込んだが5着まで、2番人気ツヅミモンは後方で脚を溜めるも直線弾けず12着に敗れる結果となった。

▽配当
単勝6 560円
馬連2-6 4010円
馬単6-2 6420円
3連複2-6-9 1万5560円
3連単6-2-9 7万1150円
(6.テトラドラクマ、2.フィニフティ、9.アルーシャ)

動画を見る
テトラドラクマが逃げ切りで嬉しい重賞初勝利を果たした。2着は5番人気フィニフティ、3着は7番人気アルーシャであった。

二ノ宮敬宇師ら調教師12名が2月末で引退・勇退

inyofu JRAは13日、二ノ宮敬宇師(美浦)ら調教師12名の2月末での引退・勇退を発表した。

 二ノ宮敬宇師は1990年に開業、初出走は同年7月7日・福島3Rのサーペンサカエ(14着)、初勝利は9月29日・中山4Rのハーバーグレイスで、のべ14頭目だった。

inyofu 【二ノ宮敬宇調教師のコメント】
「毎週の競馬開催に追われ、厩舎開業から28年が過ぎてしまいました。これまで調教師会会長や、海外遠征等、十分な成果は得られませんでしたが、貴重な経験をさせていただきました。突然で申し訳ございませんが、65歳になり、外から競馬を見ようと思い、2月末で退職させていただきたいと思います。今まで支援していただいた馬主、協力してくれた牧場関係、支えてくれた従業員、応援していただいたファンの皆様に心より感謝いたします。そして、愛おしい馬達に対しありがとうございました」
二ノ宮敬宇調教師ら12名の調教師が引退・勇退を発表した。二ノ宮調教師を始め、一つの時代を引っ張っていた先人たちの意志をついで次の世代の調教師たちの活躍に期待したい。

小倉競馬雪で13日に順延、売り上げが増加

inyofu 単独開催となった13日の1回小倉競馬2日目の売り上げは72億6549万9500円で、東京、京都との同時開催だった昨年(2月12日=日)との比較で187・4%と大幅にアップした。
中央競馬3日開催の3日目に予定していた小倉競馬場2日目の開催が翌日13日に延期になり、小倉競馬の単独開催となった影響か、昨年より売り上げが大幅アップした。小倉競馬にとっては恵みの雪となったか。

2018年今週のリーディング

inyofu 1位 M.デムーロ騎手 (今週5勝)【20.10.9.8.5.28】(→)
2位 戸崎圭太騎手 (今週4勝)【18.12.16.14.8.49】(↑)先週3位
3位 田辺裕信騎手 (今週2勝)【17.8.12.14.13.59】(↓)先週2位
4位 武豊騎手 (今週1勝)【15.6.8.9.4.37】(→)
5位 藤岡佑介騎手 (今週5勝)【15.4.5.5.10.34】(↑)先週7位
6位 川田将雅騎手 (今週2勝)【12.17.9.11.6.39】(↓)先週5位
7位 福永祐一騎手 (今週4勝)【12.14.12.8.11.41】(↑)先週11位以下
8位 北村友一騎手 (今週2勝)【11.16.4.15.4.54】(→)
9位 C.ルメール騎手 (今週1勝)【11.11.5.4.3.12】(↓)先週5位
10位 松山弘平騎手 (今週3勝)【10.15.13.5.14.57】(↑)先週11位以下

先週騎手リーディングトップの座に立ったM.デムーロ騎手は土曜1勝、日曜3勝、月曜1勝と5勝を上積み。首位をキープしております。これを2勝差で追うのは先週に引き続き4勝を挙げた戸崎騎手。そして先週の2位からランクダウンしたとは言え、田辺騎手は重賞クイーンCを含む2勝を挙げ3位に踏みとどまっていますね。また、先週ランク外だった福永騎手が4勝で7位にランクイン。今週末、さらに上位へ食い込んでくるのか、注目です!

先週首位になったデムーロ騎手はやはりこの週でさらに勝ち星を重ねて首位をキープした。そして2位に戸崎騎手が浮上して、やはり常連のこの二人が上位に収まった形に。ただし田辺騎手もまだまだ3位で差がほとんどないのでどうなるかはわからない。昨年のリーディングのルメール騎手は騎乗停止が響いて未だ9位。ここから巻き返しなるか注目である。
2018年2月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
リーディングトップはデムーロ騎手が5勝をあげてキープ。京都記念では1番人気で期待されていたレイデオロらを破って4番人気クリンチャーが勝利、共同通信杯でも1番人気グレイルらを破って6番人気のオウケンムーンが勝つという波乱に沸いた4日連続開催。また二ノ宮調教師らの引退という残念なニュースも飛び込んできたが、これまで多くの名馬を輩出して競馬界を盛り上げてくれた名伯楽に競馬ファンは心からお疲れ様と思っていることであろう。

Source: うまキュレ